【コラボ菓子】ロッテ×コメダ珈琲のコラボによるお菓子「パイの実 シロノワール」の味はどうなの?

コメダファンなら誰もが知っている定番スイーツ「シロノワール」ですが、このスイーツを出しているコメダ珈琲とロッテの定番のお菓子「パイの実」がコラボして市場に送り出されたお菓子が登場。

 

その名は「パイの実 シロノワール」です。

 

たまたまスーパーで見かけ、買うしかないでしょということで買ってしまいましたので味や感想、カロリーなど簡単にまとめましたので参考までに。

f:id:plusspace:20170804165249j:image

 

シロノワールって何?

まずシロノワールって何?っていう方のために簡単に紹介しておきますと、シロノワールとはコメダ珈琲店にて定番中の定番スイーツでして、サクサクとふんわり焼き上げた温かいデニッシュパンと、その上にたぷりのせた冷たいソフトクリームの相性が絶妙な熱々冷々のコメダ珈琲店のデザートです。

f:id:plusspace:20170804171811j:plain

画像元:コメダ珈琲HPより

 

どう再現したの?

このコメダ珈琲の定番スイーツをどう表現されたのか?

ここ疑問に思うところですが、パイの実自体64層のサクサク感を出していて中のチョコがメープルが香るコメダのソフトクリームを表現したチョコになっています。

実際はというと・・・

断面図を見て頂くとわかるように結構大きなチョコが入っています。

味わうと確かにソフトクリーム、風味もメープル感高め。

うん。普通に美味いじゃん。 

f:id:plusspace:20170804165309j:image

 

気になるカロリーは?

一個の大きさは今までと変わらないのでつい手が伸びてしまい、気がついたら一箱すぐになくなってしまいます。

お菓子ってこういうのがあるから怖いわ。

お菓子の怖いところは意外にもカロリーがあり、体重が・・・と心配する方もおおいのでは?

このパイの実シロノワールのカロリーは、1箱(69g)当り380cal

まあまあ高いです。

お菓子だからしょうがないけど何度も食べることができるほど低くはないかな。

f:id:plusspace:20170804165257j:plain

 

結局のところ味はどうなの?

美味い!

100点を満点とするなら90点。

また買っても良いレベル。

 

ではでは、コメダ珈琲店とロッテのコラボお菓子「パイの実 シロノワール」の感想レビューでした。

【iPad Pro 10.5】iPad mini4からの変更。かなり変わったし良くなったことしかない。

 どうも、こんにちは。

 

とうとう買いました!iPad Pro 10.5(256GB)スペースグレイ!!

 

予約時は、なかなかこないのでは?と言われていましたが、待ちに待った連絡が入り早速申込。

 

今日は今使っているiPad mini4からの違いをまとめてみました。

良くなった点はすごく多いので考えている方、是非参考までに。

f:id:plusspace:20170804101344j:image

 

画面が大きい

僕はこれまで初代iPadiPadAiriPad mini4ときましたが、これまではmini4以外WiFiモデルを使っていましたが、mini4にてセルラーモデルの良さに気がついたので以降はセルラーモデルでいいなと思っていました。

あと、iPadは画面が大きいなとずっと思っていたのでmini4にして最初はちょうど良く感じていたけど、やっぱ9.7インチないと小さいなと途中で思っていて小さくしたことを後悔してたんですよね。

ところが今回のiPad Proから10.5と12.9インチが登場したのでやっぱり大きさを戻そう、そして性能を大きく上げようと10.5インチを選ぶことに。

箱から開封してみると大きさにびっくり!

とにかく大きい、色がスペースグレイなので電源切った状態だと枠の部分の黒いし、画面も黒いのでより大きさのインパクトが強かった。

f:id:plusspace:20170804101352j:image

 

意外と軽い10.5インチ

mini4と並べてみると大きさは全然違うのですが、重さはという大きさの割に重いとは感じませんでした。

mni4が304gに対し、10.5は477gと約170gの差。

この差は個人差あると思いますが、僕はもともとipad使っていたので苦にはなりません。

miniと比べると重いなと思うかもしれませんが、見た目から受ける大きさほど重さは感じないといった感覚的表現になってしまいますが、まあ持ってみるとわかります。

意外に軽い?そこまで重くない?という感想がでると思います。

厚みで言うならお互いに6.1mmですので逆に薄いとすら感じでしまいます。

f:id:plusspace:20170804101403j:image

 

画面の大きさをより際立たせるベセル

iPad Pro 10.5の上にmini4を乗せてみましたが、ベセルの幅に違いはないように感じます。

黒だからか細く見えるかもしれませんが、恐らく錯覚です。

同じにしか見えません。

でも、単体でみたときは話は変わってきます。

f:id:plusspace:20170804105833j:image

 

mini4の大きさのベセル幅と捉えるか、10.5インチとしてみるベゼル幅と捉えるかは印象が全く違います。

まずは、mini4のベゼルを見て下さい。

スクロールすると10.5のベゼルがあるので比較してみてください。

f:id:plusspace:20170804105842j:image

 

続いて10.5インチとしてのベゼル。

重ねたら同じ幅だったかもしれませんが、同じというよりかは10.5のほうがドーン!という感じでより大きく見えると思います。

f:id:plusspace:20170804105852j:image

 

カメラが気になる

ただ1点だけ気になるところがあるとすればカメラです。

やたらと出ている気がする。飛び出ているという表現がいいのか。

iPad Pro 10.5はどこからみても飛び出ています。

だから何というレベルですが、気になります。

f:id:plusspace:20170804101606j:image

 

f:id:plusspace:20170804101618j:image

 

一方でmini4はというと本体に収まっているというか飛び出ていません。

iPadでカメラがあってよかったとか、必要だなと思ったことはないので別にいいと言えばいいのですが、言われると気になってしまうというレベル。

f:id:plusspace:20170804110759j:image

 

全体的にレベルアップでかつ最強を豪語するiPad

Appleホームページでもディスプレイの凄さはとても強調されています。

f:id:plusspace:20170804111515j:plain

 

とくに凄いのは120Hzのリフレッシュレート対応しているとのことで、簡単いうと動きがより滑らかでタッチの感度抜群ということです。

mini4と比較すると確かに・・・というレベルですが、言われないとわからないし普段は雑誌やマンガを読んだり、ブログやったり、FXやったり、ネットサーフィンくらいですので、今思えば別にProじゃなくてもいいレベルでしたw

 

結果としては買って正解

まずマシンとしての性能はAppleお墨付きの最強スペック。

これまでのmini4で不満があったこととしてはマンガや雑誌を見ている時にもっと大きい画面がいいと常に思っていたこと。

あとは単純にAppleが好きなので最強モデルがほしかっただけ。

でも、性能は確実に最強ですし、一番人気のスペースグレイでかつ256GBのモデルなので不要になれば売ればいいですし、まず不要にはなりませんけど。

あとは月々の料金も思っていたよりも高くないことはいいです。

ドコモで買ったので月々の値引きは2430円。

基本料はデータ1700円+SPモード300円+シェアオプション500円に消費税の2700円から値引きがあってそれにappleケアを入れても1000円以下

一括で買ったので値引きの分だけ毎月安く感じます。分割でも結局は変わらないんですけどね。

ということで文句なし。

 

iPadの購入を考えている方、是非前向きに検討してみてもいいかもしれません。

やっている内容にもよりますけど、PCいらずという謳い文句はあながち間違ってないです。

 

ではでは、iPad Pro 10.5の購入後の感じたことまとめでした。

【名古屋グルメ(中華)】錦華楼(きんかろう)で美味しいのはラーメンだけはなかった件について

名古屋市千種区にある錦華楼(きんかろう)という知る人ぞ知る系の中華屋さんについて、とにかく美味しいので情報共有のため記事にまとめましました。

 

ウリは冷やし中華だと思うのですが、実は殆どのメニューが美味しい。

担々麺はごまのクリーミーさがこれまたイイですし、ラーメンは全般美味しい。

今日はその中でも僕がよく食べるラーメンの紹介と、ラーメン意外にも是非食べてほしい美味しいメニューがあるので紹介したいと思います。

f:id:plusspace:20170801155142j:plain

 

注文したものは四川風ラーメン

夏の暑いときにはより一層クセになるピリ辛な感じがたまらない。

f:id:plusspace:20170801155202j:plain

 

ごま油の香りとピリ辛さがベストマッチ!

スープはどちらかというとあっさり醤油系のように飲みやすいです。

ピリ辛さはあとからくる感じです。

f:id:plusspace:20170801155217j:plain

 

麺は細めんでスープのピリ辛さにちょうどいい。

これが太麺だと味が落ちると思うし、バリカタのような細麺でも堅いと味とマッチしないでしょうしちょうどいい柔らかさの細麺です。

f:id:plusspace:20170801155231j:plain

 

ちなみにここの売りでよくテレビに紹介されるものは夏の定番「冷やし中華」です。

なんといってもマヨネーズ1本ついてくるところがサービス感高い!

マヨラーには嬉しいでしょうね。

f:id:plusspace:20170801155244j:plain

 

ラーメンや冷やし中華が美味しいと思いがちですが、実は餃子もかなり美味しいんですよね。

皮の包み方が独特でして、なんというか普段食べいる餃子とは違った包み方なんですよね。 

f:id:plusspace:20170801155329j:image

 

まあ包み方で味が変わるわけではないと思うので、どう違うかは置いといて、味はイイんです。簡単にいうとパッと見は厚めの皮のように見えるけど、持ってみると皮が薄いことに気が付きます。 

f:id:plusspace:20170801155343j:image

 

この縦に包んでいるという表現が正しいかわからないけど、この包み方のおかげで具をたくさん詰めることができるのかな。

f:id:plusspace:20170801155406j:plain

 

薄い皮なんだけどもちっと感は残っているし、中の具がぎっしり入っています。

食べないとわからないけど、意外に具多いんですよ。

しかもパサパサしてなくて、肉汁感も高め。

これで430円とか安っ!

f:id:plusspace:20170801155355j:image

 

場所は下記参照。

地図をクリックするとマップが開きます。

錦華楼の地図

 

駅から歩けないことはないけど、車で行って近くのパーキングとかにとめたほうが簡単かも。

よく路駐してまで食べているひともいるくらい人気ですので昼時は避けて時間をずらしたほうがいいかもです。

 

ではでは、錦華楼(きんかろう)の紹介でした。